便利な引越し見積もりの取り方

住所が転居により変更になる場合、運転免許証がある人は手続きが必要になります。同一県内への転居なのか他県に引越しをするのかにより取り扱いが異なります。

便利な引越し見積もりの取り方

転居時の運転免許証関連手続き

車やバイクに乗っている人は、運転免許証を持っているでしょう。
もし免許がある人が引越すことになったら、免許の引越し手続きを行う必要があります。
まず、転居をすることになった場合ですが、転居先は同一の都道府県内でしょうか。
それとも他の都道府県が転居先になるでしょうか。
この違いにより手続きの仕方に違いがありますので、間違えないようにしなくてはいけません。
まず引越すのが同じ都道府県だという人は、簡単に手続きが終わります。
管轄の警察署で対応してくれますが、転居後の住民票の他に、運転免許証を持参するだけで大丈夫です。
次に他の都道府県が転居先だという人ですが、新たに免許証を作成する形になりますので、先述したものの他に写真を用意しなくてはいけない場合があるでしょう。
この点に関しては、事前に警察署に問い合わせるなどしておくと二度手間になりません。
ちなみに同一の都道府県内に引越す場合の免許証ですが、裏面に新しい住所が書き込まれるだけで終わりです。
また、住民票が必要な場合、あらかじめ役所を訪れることにより取得しておく必要があります。
このときには住民票を発行するための費用がかかりますので、お金を持って行くのを忘れないようにしましょう。
なお、必ずしも住民票でないといけないというわけではなく、住所を証明することができるものであれば問題ない場合もあります。
免許の変更手続きに関し、これら以外のことで不明点が生じた場合には、管轄の警察署に問い合わせをし、明らかにしておくと良いでしょう。

Copyright (C)2017便利な引越し見積もりの取り方.All rights reserved.